スタッフ同行で帰宅

しつこいストーカーはいくら出禁にしても、待機部屋の前で待ち伏せをするものです。あまりに酷いようでしたらスタッフに相談をして、スタッフ同行で帰宅するようにしましょう。デリヘルのスタッフは基本的に男性ばかりですので、男性が一緒にいることでストーカーも大人しくなるのです。

また、中には帰り道で抱きついてくるなど、完全な犯罪行為に及ぶストーカーも考えられます。そこまでひどい場合は、スタッフにお願いして警察に連絡をしましょう。通報しなければ今後大きなトラブルに発展する可能性があるのです。

ストーカーに追われるようになったらスタッフに同行してもらって帰宅することが安全ですが、それでも改善されないようでしたら送迎をしてもらいましょう。送迎は車移動ですので、ストーカーを巻くことができるのです。

送迎とは専任スタッフの運転で自宅まで送り届けてもらうシステムですが、中にはドライバーにも自宅を知られたくないと考える女性もいることでしょう。そういった場合は自宅の目の前ではなく、自宅手前までの送迎にも対応しています。そのため、ドライバーに自宅を知られる心配もありません。

このように、お店側と働く側の工夫によってストーカー対策ができます。気になることがあったらすぐに相談するなど、早めに対処しましょう。

参考リンク【https://job-jojoen.jp/map/juso】
ストーカー対策を整えている「JOJOEN」風俗求人サイトです。

嫌なお客さんがいたら?

ストーカー行為の一つとして、待機部屋から出てくる姿を待ち伏せるケースがあります。そういったストーカーの気配を感じたらどうすれば良いのでしょうか。

まずは、何よりスタッフに相談をしましょう。デリヘルとはお客さんを電話番号で管理しているため、出禁にすることができるのです。デリヘル側としては少しでも女性に快適に働いてもらいたいと考えています。そのため、デリヘルのスタッフはストーカー対策に力を入れているのです。

ストーカーに発展しそうなお客さんは、どういったお客さんなのでしょうか。特に多いのは、やたらとプライベートな質問をしてくるお客さんです。キャバクラはお客さんと連絡先の交換をすることが当たり前ですが、キャバクラと勘違いしてデリヘルでも連絡先を知ろうとするお客さんもいます。多くのデリヘルはお客さんとの連絡先の交換を禁止していますので、それは断るようにしてください。

それでもしつこく聞いてくるお客さんは、スタッフに相談をして出禁にしてもらいましょう。デリヘルのプレイ内容にはルールがありますが、本番強要と同様に連絡先の交換は禁止されています。そのため、連絡先を聞いてきたお客さんは、その時点でルールを破ったことになるのです。

風俗勤務とストーカー

女性向け高収入アルバイトの定番である風俗でしょう。風俗は、お客さんの性的な欲求を満たす場所です。キャバクラのように連絡先を交換する必要はありませんので、プレイが終わっても営業メールをすることはありません。そのため、多くのお客さんはプレイだけの関係と割り切って風俗遊びをするのです。

しかし、お客さんの中には風俗嬢に対して、本気で恋をしてしまうケースもあります。ピュアな気持ちであればそれほど問題はありませんが、中にはストーカー行為に及んでしまうケースもあるのです。ストーカーとは付きまとい行為を意味しますが、店舗型ヘルスやソープランドの場合、目当ての女性がお店から出てくるまで待ち続け、そのまま自宅まで追いかけて来るのです。

デリヘルであればプレイは基本的にラブホテルで行われます。そのため、出待ちをされる心配が無いように思えますが、そのようなことはありません。デリヘルはプレイが終わると2人でラブホテルをチェックアウトして、ラブホテルの前ですぐに別々の方向へ別れて終わるものです。悪質なお客さんは、そのまま女性の後をつけて、待機部屋を突き止めようとします。そして、待機部屋から目当ての女性が出てくるまで待ち続けるのです。

このように、デリヘルだからといってストーカー被害に遭わないとは限りません。ストーカーがきっかけで大きな事件に発展することもありますので、デリヘルもストーカー対策をしています。風俗店が行っているストーカー対策について詳しく紹介しましょう。